結婚式ウェルカムボードをステンドグラスで手作りステンド硝子アートキット・プレゼントサンクスボード・交流会等の体験キット・材料・道具・作品などの販売

052-508-9798
  • お問合せフォーム
  • マイページ
  • 新規会員登録

カートを見る

  • 手作りウェルカムボード 美硝子

おすすめ商品

ラクラク固定プラン☆手作りウェルカムボード美硝子

価格(税込): 22,000 円~

“結婚式に手作りのウェルカムボードを作ってみたいけど、材料を何を選んでいいのかわからない”

というお客様のためにできた新しいキットです♪
ご希望のお名前と日付のみをお知らせください♪

Akinが選ばれる理由

オリジナル商品の企画・開発
オリジナル商品の企画・開発
こんなものが欲しい!あったらいいな!と思ったものは独自で開発
信頼ある実績
信頼ある実績
様々な公共施設等から展示依頼
老舗の料亭やホテルにお買い
上げ
芸大卒のプロデザイナがプロデュース
芸大卒のプロデザイナがプロデュース
専門の美術教育を受けた講師たちが対応デザイナーたちが手掛ける多種多様なデザイン
親切な対応
親切な対応
お顔の見えないお客様にも教室でのレッスンのような対応
ウェルカムボードの他にも結婚式を演出するグッズのご相談も承ります

ステンドグラスとステンド硝子アートの違いってなに?

ステンドグラスとステンド硝子アートの違いってなに?「ステインドグラス」は色を付けたガラスという意味で、現在「ステンドグラス」というと、たくさんの種類の色ガラスを鉛でつなぎ合わせた物を指します。
ヨーロッパ(ドイツ説、フランス説あり)で紀元前から始まり、
字の読めない人々に「神の教えの物語」を伝えるために普及しました。

日本ではまだ日が浅く、ドイツで修業した宇野澤辰雄氏(1867~1911)が技術を持ち帰ったのは、明治23年のことです。
自分で絵を描き、デザインし、ガラスを選んで作品を制作した東京芸大日本画科卒の小川三知氏(1867~1928)が、日本初のステンドグラス作家と言われています。

「ステンド硝子アート」は「ニューステンドグラス」とも呼ばれ、「グラスアート」「アートリュミエール」などと同様に簡単にできる新しい技法のステンドグラスです。

日本での歴史はまだ新しく、ステンド硝子アート協会では2001年から教室を開始、2005年からオリジナル商品の企画と開発をはじめ、2006年に法人化しました。

ガラスをカットしたりハンダ付けをしたりする専用の作業場や道具の必要はなく、ご自宅で手軽に既存のガラス・鏡・陶器・木・金属などに施すことができます。小物から家具まで幅広い作品に応用できます。

また、ステンド硝子アートが開発したオリジナルフィルムやスキッペ(R)、プロデザイナーによるオリジナルデザイン型紙をご利用いただくことによって、驚くほど簡単で美しい作品に仕上がります。

火、水、電気が不要なので、小さなお子様からご年配の方まで気軽にお楽しみいただくことができ、「物を作る喜び」を味わっていただけます。
指先を使うので、「脳の活性化」にもなり、カラフルな色彩に「精神安定効果」もあります。

「ステンドグラス」と「ステンド硝子アート」の共通した魅力は、光を通した色の透明感と鮮やかさであり、同じ作品でも光の有無や時間や環境によって、違った表情を見せてくれることです。

「ステンドグラス」も「ステンド硝子アート」 も「作る喜び」「それらに囲まれた彩ある生活」とともに、あなたの心に輝きとやすらぎを与えてくれることでしょう。

  • ご自宅にあるものにステンド硝子アートしましょう♪
  • 052-508-9798 お問合せ・無料お見積りフォーム FAX注文用紙
  • お客様ご自身の目でお確かめください/フィルムのサンプルを無料でお送りします。ステンド硝子アートオリジナルフィンガーとデラックスフィンガーの違いを目で見て、手で触れて実感してみてください。 こちらからお申し込みください。

店舗紹介

店舗紹介

名古屋城、ウェスティンナゴヤキャッスルホテルの真北約1kmの閑静な住宅街にあり、赤い扉が目印です。
アオキスーパー上名古屋店 斜めすぐ裏。
ご来店の際は前もってお電話下さいますようお願い致します。

〒451-0025 名古屋市西区上名古屋4-9-3
TEL・FAX : 052-508-9798
E-mail : akin@akin.jp またはお問合せフォームをご利用ください

店舗紹介

作家紹介

作家紹介

芸大では日本画を専攻していましたが、ガラスの透明感に惹かれ、ステンドグラスを始めました。

「日本画」と「ステンドグラス」と「ステンド硝子アート」の三者三様の長所を取り入れた作品作りに取り組んでいます。

和のステンドグラス

  • Instagram

ページの先頭へ戻る