結婚式ウェルカムボードをステンドグラスで手作りステンド硝子アートキット・プレゼントサンクスボード・交流会等の体験キット・材料・道具・作品などの販売

052-508-9798
  • お問合せフォーム
  • マイページ
  • 新規会員登録

カートを見る

ホーム » ブログ

ブログ

ステンド硝子アートキット「たからのこびん」

2017/08/20 ステンド硝子アート&ステンドグラス体験,新着情報

6s20170508i (28)cut★

夏休み!子どものステンド硝子アート教室で
みなさんに作って戴いた体験キットの「たからのこびん」
楽しかったですね!♪

ビンの形は2種類あって、
ビンの中には、何でも好きな物を入れることができました。

6s20170817i (13) ★

動物、魚、昆虫、乗り物、花、食べ物や
スポーツ、楽器、アクセサリーなど具体的なものはもちろん、
お星さまいっぱい!ハートがいっぱい!
なんていうのも、とってもかわいい!

カラフルな丸をいっぱい詰め込むだけでも、
宝石?!キャンディ?!ボール?!
いろんなものに見えて、とってもステキ!

風鈴のように窓辺にかざると、キラキラ!
風が吹くと、チリンチリン!
クルクル回って、涼しげです!♪

「もう1回やってみたい!」「もう1個作ってみたい!」
というみなさん。
「定員いっぱいでできなかった!」
というみなさん。

キット(道具なし)はこちらで販売しています。

6s20170817i (58) ★ 6s20170817i (45)★

「道具はどこで売っていますか?」
というお問い合わせをいただいたみなさん。
道具だけの販売もあります。

お子様だけでなく、大人が作ってもとっても楽しいキットです♪

 

ステンドグラス&ステンド硝子アート Akin : 藤田 光子


ステンド硝子アート体験教室「たからのこびん」

2017/08/19 ステンド硝子アート&ステンドグラス体験,新着情報

6s20170819so (3)★ 6s20170819so (23)★

名古屋市重要文化財施設文化のみち二葉館さんからのご依頼により
夏休み子どものステンド硝子アート教室を開催させて戴きました。

1週間前に先着順での申し込みでしたが、なんと!
受付がスタートしてからたった10分で、定員いっぱいとなったそうです。
参加できなかったみなさん、ごめんなさい!

最近は急に雨が降り出したりなどお天気が不安定ですが、
今日はそんな心配もなくお天気にも恵まれ絶好調!

かわいい子どもさんたちが、思い思いに「たからのこびん」に
夏休みの思い出を閉じ込めてくださいました。

6s20170817i (45)★ 6s20170819so (8)★

6s20170819so (12)★  6s20170819so (15)★ 

6s20170819so (10)★ 6s20170819so (13)★

6s20170819so (16)★ 6s20170819so (14)★

6s20170819so (18)★ 6s20170819so (11)★

6s20170819so (9)★ 6s20170819so (7)★ 

完成した時の子どもさんたちの笑顔は、
生き生きしてとってもステキでした!

お疲れ様でした&ありがとうございました。

 

K.M.Y.ステンド硝子アート協会副会長:藤田 光子


夏休み!子どものステンド硝子アート体験教室「たからのこびん」

2017/08/01 新着情報

6s20170721so (117)

Tたからのこびん〈ふたつきビン〉  Tたからのこびん〈ふたなしビン〉

日時:8月19日(土)13:00~14:30
会場:文化のみち二葉館 2階 和室
講師:K.M.Y.ステンド硝子アート協会副会長 藤田光子

参加資格:小中学生対象 先着15名様
受付日:8月12日(土)10:00~12:00 文化のみち二葉館へ電話にて申し込み
参加料:無料  ※但し付添いのご父兄は要入館料(200円)

今回の企画のために初めて作ったフリーデザインキットです。
ビンの中に入れるものは自由!
完成後は風鈴のように窓辺にゆらゆら吊るせちゃう!鈴つき♪

今回は小中学生のお子様対象となりますが、大人でも楽しめます。
《予告》 まもなくキット販売スタート!

K.M.Y.ステンド硝子アート協会:藤田 光子


大絶賛だったという手作りウェルカムボード

2017/07/19 お客様からのお便り,ウェルカムボード

6s2017.7.18tanino (1) 6s2017.7.18tanino (2)

  7月1日に無事披露宴を挙げることができました。
  ウェルカムボードは大好評で、
  会場のブログにも載せて頂きスタッフさんからも大絶賛でした
  作成時の写真もムービで使わせて頂き、みんな完成度に驚いておりました!

  遅くなりましたが、当日の写真も添付致します。

春、ウェルカムボード制作にお越し戴いた方からメールが届きました。

ありがとうございます!
こういうお便りは本当に嬉しいです!

6s148Y 6s20170319so (26)☆

お二人でイメージを決め、下絵を起こすところからスタートし、
オリジナルの素敵なウェルカムボードができましたものね!

6s20170319so (10) 6s148A2

2枚ガラスの間にサンゴを入れたのもよかったですし、
最後にプラスしたプクプクの泡がとても効果的でしたね!

6s148C 6s20170319so (5)

6s148D2 6s148E2

新婚生活は如何でしょうか?!
ウェルカムボードを作りながら作って戴いたペアの箸置きは
使っていらっしゃいますか?!

6s20170129i (2) 6s148Z

アルバムができてきたら、また見せてくださいね!

アトリエ光源 :藤田 光子


島人の心を唄う in 二葉館

2017/07/17 新着情報

3s6s20170717i (17)☆ 3s6s20170717i (17)

3s6s20170717i (20)☆ 3s6s20170717i (19)

Red roses for a Blue lady ステンド硝子アート&ステンドグラス作品展開催中の二葉館で、
今日は琉球ポップスコンサート「島人の心を唄う」が開催されました。

リハーサルの声を聞いて『どんな素敵な女性なんだろう?』とホールへ覗きに行くと・・・
なんと、そこで唄っていらしゃったのは、おじさん?!(失礼!)
あまりの衝撃にビックリ!!

本番でも「れっきとした男性です。」とおっしゃっていましたが
なんと4オクターブの声域をお持ちのnada(ナダ)ボーカルのダイスケさんでした。  

三線のケンサクさんとのポップスユニットnadaのファンが
「どえりゃぁ増えたに違いにゃぁ!」 「また名古屋に来てちょう!」 

 

K.M.Y.ステンド硝子アート協会:藤田 光子


優れもののワイドリード

2017/07/16 新着情報

3s6s20130419DSCF4592 3s6s20130419DSCF4596

名古屋市二葉館で開催中のRed roses for a Blue lady ステンド硝子アート&ステンドグラス作品展には、連日たくさんの方にお越し戴いています。

ステンド硝子アート協会では作品に対する規制がないため、幅広い技法の作品が多く、
今日もお客様から
「ステンドグラスとグラスアートと私も両方やっているけど、こんなの初めて見た!すごいですね!」
と声をかけて戴きました。

「これはどうやって作ってあるの?!」
というご質問をよく戴きますが、その中で圧倒的に多いのが『ワイドリード』です。

ステンド硝子アートにもステンドグラスにも使うことができる優れものです。使い方や作品例は順次ご紹介させて戴きます。

 

K.M.Y.ステンド硝子アート協会:藤田 光子

 


Red roses for a Blue lady ステンド硝子アート&ステンドグラス作品展

2017/07/15 新着情報

6s20170714i   6s20170715i (104)★

6s20170715i (143)★    6s20170715i (207)

期間:2017年7月15日(土)~7月23日日)
    但し18日(火)は休館日
    10:00~17:00

会場:文化のみち二葉館【名古屋市旧川上貞奴邸】要入館料
    名古屋市東区橦木町3-23
    TEL:052-936-3836

名古屋の重要文化財施設である文化のみち二葉館での作品展は今年で9年目となります。

ステンド硝子アート協会の講師と受講生の有志24名による90作品を展示しています。

ステンド硝子アート作品、ステンドグラス作品、コラボレーション作品など、
幅広い作品をご覧くださいませ。

 

K.M.Y.ステンド硝子アート協会:藤田 光子

 


新学期☆ライトフレーム新登場♪

2017/04/22 お知らせ,ステンド硝子アート,新着情報

 こんにちは(^^)v

 

4月に入りましたね♪

近くの名城公園の桜がとっても綺麗に咲いています!(*^^*)

 

結婚式のウェルカムボードを自分で作りたいけど高いな・・・もっと安く作れないかな

と思ってた方のためにお値打ちな額が登場しました!\(^o^)/

 

6SDSCN3409  6SDSCN3413

ライトフレームです!!

カラーは左画像のブラック、右画像のホワイトの2種になります☆

 

6SDSCN3423 6SDSCN3420

サイズはとっても身近なA4サイズのステンド硝子アート仕様フレームです☆

 

・A4ガラスサイズ 210mm×297mm

・外寸 H253×W339mm×D10mm

 

お客様のご希望のメッセージを承ります☆

 

結婚式のウェルカムメッセージはもちろん、プレゼントや誕生祝い・還暦祝いなどの

メッセージもできます(^^♪

そして、縦にも横にも使用できますよ♪

さらにとっても軽い!!

 

6s20170421i (7)

こちらは分解画像です☆

 

下から、枠、A4低反射板、A4ガラス、A4用紙、A4厚紙となっています。
ご自由に組み合わせてご利用ください

ガラスと透明低反射板がついています♪

ステンド硝子アートでアレンジをして使用する場合は、

リードの厚みがございますので背面の段ボールを抜いてお使いください☆

 

段ボールは両面白黒のリバーシブル仕様ですので
お好みに合わせてご利用ください。

 

 

6s20170421i (2) 6s20170421i (4)

 

ブラックとホワイトを比較するとこんな感じです♪

どちらも素敵です(*^^*)

 

6s20170421i (8)  6s20170421i (5)

 

 

ライトフレームにステンド硝子アートでアレンジした画像もまた

アップしますね(^^)v

 

 

Aki Inoue   http://akin.jp/

 

 

 

 


アンティークフレーム☆新登場です♪

2017/03/04 お知らせ,ウェルカムボード

 

6SDSCN3368  6SDSCN3375

ステンド硝子アート使用☆アンティーク調の木製オリジナルフレーム(額)です☆

 

ホワイト、ブラウンの2種になります(*^^*)

 

額のみ 3990円

額+お名前フィルム 4860円

 

のセットとあります♪

 

6SDSCN3292  6SDSCN3347

 

アンティーク仕上げの木製です(^^♪

 

6SDSCN3287  6SDSCN3331

 

透明ガラス2枚
アクリル板1枚
白厚紙1枚
裏板1枚
正方形一体型木枠
が入ってます。

背景を透明にしたい時は裏板を外したり、飛散防止に最前面にアクリル板を入れたりと自由にアレンジできます♪

紙や透明フィルム、写真などを挟むこともお花や雑貨を入れていろいろな演出が可能です♪

 

 

   6SDSCN3381          6SDSCN3387 (2)

 

6SDSCN3396  6SDSCN3400

シンプルにお名前フィルムのみでもかわいく仕上がります☆

 

厚みがあるのでお好みでお好きな花や雑貨をいれていただくと
お好きにアレンジが出来ます!

 

 お名前フィルムのセットする位置も上、中、下とお好みで変更できます☆

 

 

6SDSCN3311  6SDSCN3312

 ・外寸:WH315mm×D35mm

・ガラスサイズ:WH300mm×D2mm

・前から見えるガラスの大きさ:288mm×288mm

・内側奥行き23mm~25mm

・枠の材質:木製

・日本製

※画像のスタンド、貝、花は付属しません。

 

もちろんステンド硝子アートも自由にデザインしていただけます(^^)v

 

 

Aki Inoue  http://akin.jp/

 

 

 


よみがえった思い出の品♪

2017/02/12 オリジナル,ステンドグラス

 
「これ、足がひとつ取れちゃってるし、ツマミも取れてしまったけど、
 なんとかなりますか?」
と、受講生さんが大切な思い出のガラスのケースをお持ちになりました。
 
こういう依頼は、ワクワクします♪
 
まず、天面のガラスに、バラをステンド硝子アートしました。
次に4つのうち紛失している1つの足を作ります。
小さなプラスチック玉に、コパシートを巻いてハンダで固め、
本体に取り付けました。
多少形はいびつでも、高さが合っていて、安定感があれば問題ありません。
 
銅線を丸めてハート型のツマミも作りました。
 6s20170212i (15) 6s20170212i (17)
見事に復活!
それどころか、とてもエレガントに生まれ変わりました♪
 
「20年来押入れに入っていた物が直った!
 まさか自分で修理できるとは思ってもいなかった!」
と喜んで戴けました。 (^^)v
6s20170212i (19) 
おひなさまも努力のかいあって、3点完成!
こんな素敵なプレゼントをもらったら、大喜びですよね!
 
百合をアートするためのペインティングフィルムもいい感じに仕上がりました。
 
 
この続きはまた次回ご報告させて戴きます。
 
 
 
 
 

次のページ »

ページの先頭へ戻る